人件費の負担は重い!?営業のスリム化と営業代行の活用

営業員を自社で抱えることの負担

どこの企業でもそうですが、営業力が強い企業は業績も良い傾向にあります。その営業を強くするために営業に従事する人材を多く採用して人海戦術で商品を販売していくスタイルが一般的だったのですが、それにはデメリットもあります。つまり、採用した人材の全員が活躍してくれるとは限らないのです。売れる営業もいれば全く売れない営業も出てくるのです。この人材を確保することは給与という固定費を計上することになるために企業にとっては重荷になることもあります。

アウトソーシングすることで営業の効率化する

しかも採用した人材は正社員の場合には好き勝手に首を切ることはできないのです。そのため最近では、自社で営業を持たずにアウトソーシングをしている企業もあります。そうすることによって人材を増やすといったリスクを抑えることができます。自社では必要最低限の営業、つまり商品説明、クロージング部員を持っているだけで十分と言えます。自社の商品に興味を持ってもらうための人材作業を営業代行会社に委託することで経費を抑えて業績を上げることを可能にします。

営業結果に見合った経費の支払いができる営業代行

営業代行会社には従量制で契約するケースが多いです。アポイントが多く取れれば支払いも多くなりますが取れなければ支払いは少なくて済みます。また契約段階で最低限のラインを決めて契約します。全くアポイントが取れなければ委託元企業にとっては一大事になるためです。営業を継続できるラインを決めてそれ以上の結果を出すことで契約を締結します。この方法のメリットは目標に到達するために営業代行会社が何人もの人材を投入しても負担する経費が契約で決められている点にあります。代行会社が多くの人材を活用しても多くの経費を負担しなくても済むのです。

営業代行サービスを利用する際は、ミスマッチに気を付けなければなりません。その業者の得意分野を正確に把握し、自社の実状に適したサービスを選びましょう。