事前確認が必要!倉庫の賃貸契約の詳しい内容

倉庫の賃貸契約前に利用可能な面積を確認

倉庫を借りる際には、契約内容を詳しくチェックすることが欠かせません。倉庫の契約面積は事前に確かめておきたい部分の一つでしょう。面積の算出方法にはネットやグロスなどの方法があり、それぞれに違いがあります。例えばグロス面積の場合、廊下やエレベーターなどを加えた面積であるため注意を要するでしょう。敷地内で物品の保管スペースとして利用できる面積を知りたいのであれば、ネット面積を参考にすることが妥当ですね。

契約期間を確認して倉庫のレンタルを契約

倉庫物件の契約時には、契約期間の定めを確かめる必要があるでしょう。倉庫物件の場合には、一般的に2年や3年の賃貸契約になっている場合が多いですね。契約期間を過ぎて継続し倉庫を使用したい場合には、契約更新を行わなければなりません。倉庫の賃貸契約の更新時には、更新費用がかかるため注意しましょう。更新費用は一度支払えば退去したとしても戻ってこないため、契約の期限が近い場合には退去のタイミングを考える必要があります。

倉庫物件の賃貸に必要な共益費をチェック

倉庫物件を借りると、賃料に加えて共益費の支払うも伴う事が多いですね。これらの出費は倉庫の賃貸契約時に把握しておきたい情報です。できれば共益費の内訳を確認し、不要な出費が伴わないかどうか注意しましょう。もし必ずしも必要としない出費が共益費の中に含まれているのであれば、物件の所有者と交渉してみる価値は十分にあります。相手からの理解が得られたなら、共益の無駄な部分を省いて倉庫の賃貸費用の節約が可能です。

3PL業者は、トラック等の物流資産を持つアセット型と、そのような資産を持たないノンアセット型の2種類に分けられます。前者は利用コストが安く、後者は物流提案力に長けているという特徴を持ちます。